リハビリテーション課

リハビリテーションを担う部門として、「作業療法」と「デイケア」があります。

作業療法部門
作業療法士は、入院患者を対象とする病棟担当制、外来患者を対象とする個人担当制をとっており、患者さんの入院から退院後の生活までを支援します。
→ 作業療法のご案内
デイケア部門
多職種(看護師、作業療法士、精神保健福祉士、臨床心理技術者)が、地域で生活されている患者さんを支援します。
→ デイケアのご案内

作業療法のご案内

作業療法(Occupational Therapy=OT)とは

病気により生活に障がいがある方々を支援するリハビリテーションの方法の1つです。作業療法士は、日々の生活で行われる様々な作業活動を通じて、その人の健康的な部分に働きかけ、心とからだの回復を助け、日常生活や地域で自分らしい生活を再建していくための支援を行います。

作業療法の「作業活動」とは

人が毎日の生活に必要なあらゆる活動(家事や身のまわりのこと、仕事、遊びなど、具体的で現実的なもの)を作業活動と呼び、支援の手段として用います。

作業療法の参加目的

  • 病状の軽減、情緒の安定と心身の健康維持を図る
  • 活動性や自主性を高め、意欲的な生活を促す
  • 対人関係の改善を図り、協調性を高める
  • よりよい社会生活を目標とする
   
≪ゆとりを持って過ごすためのポイント≫
  • 楽しむ
  • 不安を和らげる
  • 気分転換をする
  • 自分のペースをつかむ
  • ストレスを発散する
  • 自分を表現する
≪充実した毎日を過ごすためのポイント≫
  • 何かに集中する時間を持つ
  • 仲間づくりをする
  • 人、あたま、からだ慣らしをする
  • メリハリのある1日を過ごす
  • 好きなこと、できることを見つける
  • 生活上必要なことを練習する

作業療法では、様々な作業活動をとおして

  • 心地よい体験
  • 成功体験
  • 他の人との良いコミュニケーション体験

を積むことができます。

これらの体験をとおして

  • こんなことをしていると落ち着く
  • こんな時間があるとホッとする

「これこそ自分らしい生き方なんだ」という“自分らしさ”を見出していきましょう。

“自分らしさ”を見出すことは時間がかかりますが、

私たち作業療法士と一緒に根気よく取り組んでみませんか?

作業療法の実際

作業療法士は、患者さんが入院して間もない時期(急性期)から、その方になじみのある“具体的で現実的な作業活動”を手段として用いて、退院後に地域で自分らしく生活ができるように回復を促し支援します。

<活動の内容>* 外来作業療法ご利用の方は、ピンクの枠((*)のある枠)のみ参加可能です。

H30.7.11現在
時間 場所
午前

パラレルOT(*) リズム体操(*)
 第1・3・5週

軽体操(*)
 第2・4週
パラレルOT(*)
(プレグループ)
スポーツ(*)
  農耕(*)
疾病教育
「生活のコツ」



全体ミーティング
(A)
全体ミーティング
(B)
病棟内作業療法
(A,B,F)
 病棟内作業療法
(F)
病棟内作業療法
(B)
ダンス/ムーブメントセラピー
(A)
病棟内作業療法
(A,F)
午後 病棟内 病棟内作業療法
(E1,E2,F)
病棟内作業療法
(G1,G2)
病棟内作業療法
(A,B,G2)
病棟内作業療法
(F)
社会生活力プログラム
(G)
社会生活力
プログラム
(E1,E2)
病棟内作業療法
(B,G1)
パラレルOT
場は共有しますが、他の人と同じことをしなくても良い時間です。人の集まりに慣れ、徐々に集中力もつけていきましょう。
農耕
土づくり、種まき、草むしり、収穫、収穫野菜の販売や簡単調理を参加者全員で行っています。採りたての野菜の味は格別です。

リズム体操
軽快なリズムに合わせて、有酸素運動(ウォーキング)・ストレッチ・呼吸法などを行っています。疲れに応じて、自分から休息をとって参加できる事が大切です。
軽体操
棒体操やダンベル体操、ストレッチ、ヨガなどを行っています。座って行う運動が中心なので、体力に自信のない方も安心して参加できます。
スポーツ
主にグラウンドゴルフ・卓球・玉入れ・ストレッチを行っています。普段、運動に馴染みのない方でも気軽に参加できます。     
病棟内作業療法
各病棟のデイルームで、リラクゼーションストレッチや体操、創作活動などを行います。作業活動をとおして、自分の回復状態を確認していきましょう。     
社会生活力プログラム
退院後、地域社会で安定した生活を送るために必要なことを学びます。具体的には、病棟内での過ごし方や健康管理の方法などを確認しています。     
ダンス/ムーブメントセラピー
他の人と安心して交流し、気持ちを表現する体験をはぐくみます。A、B病棟の方のみ参加することができます。
プレグループ
毎月、季節に合わせたカレンダーを役割分担して作り、院内廊下・外来・各病棟に掲示します。集団で活動するのはまだちょっと大変、という方におすすめです。

作業療法を利用するには

  作業療法のご利用には、当センター主治医の作業療法処方せんが必要になります。
  興味のある方や見学してみたい方は、主治医及び地域医療連携室にご相談ください。

            平成29年度カレンダーコンテスト出品作品 「竜宮城への道」

費用について

各種医療保険制度と自立支援制度が適用となります。

デイケアのご案内

当センターのデイケアでは

多職種(看護師、作業療法士、精神保健福祉士、臨床心理技術者)で、個人の目標に合わせた地域生活を支援します。グループ活動を中心に、再発や再入院の防止、病気の自己管理、活動の場や公共施設の活用、仲間づくりなどを行います。

デイケアは、いろいろな悩みや病気を抱えている方々が集まって活動するリハビリテーションの場です。対象は、精神科の外来に通院されている方々です。 

安心して地域生活が送れるように、
「これから、どのように生活したら良いのか?」
「どのように生きていったら良いのか?」  を一緒に考えていきましょう。
自分らしい生活や人生 を送るために・・・
今、みなさんは、どのようなことがしてみたいですか?
どのような生活がしたいですか?
そのために、できるようになったら良いと思うことは何ですか?

デイケアの目的

  • 病気と上手に付き合う
  • 人との関わり方を学ぶ
  • 生活のコツを見つける
  • 楽しみ・充実感を味わう
  • 仕事の準備をする

どんな方々が参加しているの?

  • 規則正しい生活をしたい
  • 他の人と交流をもちたい
  • 病気を良くしたい
  • 行くところがほしい
  • 自分に自信をつけたい
  • いろんな人の考えを知りたい
  • 悩みを相談したい
  • 働きたい

活動の時間と内容

月曜日から金曜日の週5回(祝祭日は休み)です。

デイ・ケア :午前9時30分〜午後3時30分(6時間) ※給食あり
ショート・ケア :午前9時30分〜午後0時30分(3時間) ※給食なし
  または、午後0時30分〜3時30分(3時間) ※給食なし

デイケアを利用される方々の目標や興味・関心に合わせて、参加日程を選ぶことができます。

    ※月間予定カレンダーがあります

創作活動
季節に応じた様々な作品を個人やグループでつくります。製薬会社主催のカレンダーコンクールにも毎年応募しています。
スポーツ
ソフトバレー・グランドゴルフ・卓球・バドミントン・ストレッチ・ウォーキングなどを行っています。  
健康教室
心や身体についての知識や関心を深め、より安定した地域生活を送るために必要な知識や情報を提供します。     
生活技術
予算に応じた買物や調理、掃除、身だしなみなど日常生活に必要な技術を練習します。
SST(ソーシャルスキルトレーニング、社会生活技能訓練)
生活していく上で、困っていることや少しでも良くしたいと思っていることなどを話題に、みんなで解決方法を考えます。その中から、自分が実行出来そうなことを選んで練習していきます。
全体プログラム
体力保持プログラム、リラックスプログラム(瞑想、手湯、足湯)、就労準備プログラム、脳トレプログラム(大人のぬり絵、ペン習字、計算問題 etc)などを行っています。活動内容は、毎月変わります。
選択プログラム
個人またはグループごとに読書、おしゃべり会、ものづくり、テーブルゲームなどから、好きな作業活動種目を選んで行います。
その他
月1回ボランティアによる茶道教室が開催されます。

デイケア利用料

各種健康保険と自立支援医療制度が適用となります。

デイケアに参加するには

デイケアに興味のある方や見学をしてみたい方は、主治医または地域医療連携室にご相談ください。


デイケア作品「みこし」