検査課

検体検査・生理検査

疾患の発見や治療に必要な検査結果を提供するため、血液・尿などの検体検査と、心電図・脳波などの生理検査を行っています。

一般検査

尿自動分析装置
尿自動分析装置

尿検査では蛋白や糖、ケトン体、潜血などを測定しています。尿を遠心分離して、顕微鏡で細胞を調べる尿沈渣検査も実施しています。 尿蛋白が陽性の場合は、腎疾患の可能性があり、健常者でも運動などにより一時的に陽性になることもあります。尿潜血が陽性の場合は、尿路の炎症(膀胱炎・腎盂腎炎)や結石症などが考えられます。

    

血液検査

自動血球計数装置
自動血球計数装置

赤血球数、白血球数、血小板数などを測定しています。赤血球数が減少すると、全身への酸素の運搬能力が低下して貧血となります。
白血球数は、感染症などの炎症で増加します。血小板数は、出血傾向・肝硬変・貧血などで減少します。

    

免疫血清検査

B型肝炎、C型肝炎、梅毒などの既往を検査しています。インフルエンザ、ノロウイルス検査は即時判定しています。

臨床化学検査

臨床化学自動分析装置
臨床化学自動分析装置

肝機能、腎機能、脂質代謝、糖代謝、電解質などに関する検査を実施しています。
   精神疾患の治療に必要な血中薬物濃度検査も実施しています。

    

生理検査

脳波計
脳波計
解析付心電計
解析付心電計

脳器質疾患の鑑別、てんかんの治療効果などをみる脳波検査、心臓の状態をみる心電図検査を実施しています。

    

その他

犯罪との鑑別のための尿中覚醒剤スクリーニング検査なども実施しています。

放射線

検査課(放射線)の主な業務は画像診断です。

当センターでは次の機器により、エックス線検査(一般)、CT検査(コンピューター断層画像)、骨塩量測定(骨密度)を行っています。

診療用エックス線装置
診療用エックス線装置
エックス線CT装置
エックス線CT装置
骨塩量測定装置
骨塩量測定装置