医局

 現代社会において、人々は様々なストレスにさらされています。その中でも「こころの病」に悩む人は着実に増え、 それに伴い精神科医療の果たすべき役割、および重要度は益々増加しています。これらのニーズに答えるために、 当医局では患者、医療者共に安心して治療に臨める心地よさの中で、より良質な医療を実践できるよう入院治療 (急性期病棟3棟、リハビリ期病棟2棟、医療観察法病棟1棟)並びに外来診療の充実を図って参ります。
   さらに、当院では学生・研修医の研修にも力を入れております。平成27年度は初期研修制度の協力型病院として37名の初期研修医を、 群馬大学医学部の学生実習として119名を受け入れました。加えて、後期研修にも力を注いでおります。熟練したスタッフによる指導のもと、 スーパー救急病棟における豊富な症例を入院から退院に至るまでの治療を一貫して経験できます。また、群馬県の刑事司法鑑定、医療観察法鑑定をほぼ全例対応しています。 鑑定助手としての参加や毎月の精神鑑定事例カンファレンスなど、司法精神医療の研修も充実しています。 精神科、特に精神科救急医療や司法精神医療に興味のある学生、研修医の方は是非とも見学をしてみて下さい。 きっと、当医局に惹かれることと思います。
   平成28年度は、常勤16名(精神保健指定医10名、精神保健審判員6名)、非常勤1名(精神保健指定医、精神保健審判員)の体制で、 県内精神科の基幹病院として先進的な精神科医療福祉を提供することはもちろんのこと、 地域社会の活性化とネットワーク作りを促進し、住みやすい社会を目指す所存です。何とぞ、ご支援の程、よろしくお願いいたします。